DXの課題を解決するコンテナの窓口とは

急変する世の中。
「2025年の崖」
再考するときでは!?

2018年に経済産業省が発表したDXレポートで、「2025年の崖」という言葉が初めて使用されました。
これは、国内の企業がDX(Digital Transformation)を推進しなければ業務効率・競争力の低下は避けられず、
競争力が低下した場合、想定として2025年以降年間で約12兆円もの経済損失が出ると予測されており、
その危うさを表現したものです。

デジタル技術を使って新たなビジネスを生み出したり、一般生活が向上することがDXの目的です。
私たちは、将来「2025年の崖」に直面しないためにも、一刻も早く日本のDX推進を再考すべきではないでしょうか。

世界における
日本のデジタル化事情

国際経営開発研究所(IMD:International Institute for Management Development)が発表しているデジタル競争力ランキングによると日本は63カ国中、2019年は23位、2020年は27位でした。

このランキングで、まさにデジタル化への対応スピードの遅さが日本の弱みであることが証明されています。

また、ランキングの基準の一つである「企業の俊敏性」についての評価は最下位に位置するほどで、日本企業においてDX推進は大きな課題となっています。

国際経営開発研究所が発表しているデジタル競争力ランキング

DX推進のキーポイント

DXを進めるためには現在の業務の分析を行い、人手に頼っていた業務をデジタル技術を利用してIT自動化を取り入れたフローに変更し、労働生産性を上げることが重要です。

IT自動化を取り入れたフロー

DX推進に必要な4つのテクノロジー

今後、ソフトウェアとデータを活用し、DXを推進させるためには「スピード」と「柔軟性」がとても重要になります。
その2つを実現するためのキーファクターが、次の4つです。

  • マイクロサービスアーキテクチャ
  • コンテナ
  • API
  • 自動化
DX推進に必要な4つのテクノロジー

今解決したいDXの
お困りごとなんですか?

DXの知識、導入事例を知りたい DXの知識、導入事例を知りたい セミナーに参加する

今取り組むべき事業のDX推進や、本当に活用できるコンテナ製品の導入プランをご紹介しています。お気軽に無料ウェビナーにご参加ください。

何から手をつけていいか分からない 何から手をつけていいか分からない サービスソリューションをみる

DX推進に取り組みたいが詳しい人材がいない。
まずどこから始めればいいのか、どういう方法があるのかイメージが掴め切れていない。

自社の具体的な導入を検討している 自社の具体的な導入を検討している 各種お問い合わせへ

コンテナ製品のご提案や人材育成支援も行います。事業のDX推進でお困りの方は、こちらからお問い合わせください。