From: Carbon Relay「コンテナ化された環境での最適化は、今や無料かつセルフサービスが現実となりました」

DXブログ

※本ブログは、Carbon Relay社が、2020年8月18日に発表した内容に基づいて作成した日本語抄訳です。原文は以下をご参照ください。

Optimization in containerized environments is now a free (and self-service) reality
Optimization in containerized environments is now a free (and self-service) reality

コンテナ化された環境での最適化は、今や無料かつセルフサービスが現実となりました

KubeCon + CloudNativeCon Europe 2020で素晴らしい1週間をお楽しみいただいたと思います。また、私たちのバーチャルブースに立ち寄っていただき、ありがとうございました。

今日はカーボンリレーチームにとってエキサイティングな日です。今朝、私たちは、コンテナ化されたアプリケーションを自動的に構成して継続的に最適化するためのAIOpsプラットフォームであるRed Sky Opsの無料のセルフサービス版を発表しました。


Kubernetesが多くの組織ですぐにコンテナオーケストレーションプラットフォームとして選択されるようになったことは、明らかです。ただし、DevOpsチームがリソースを過剰にプロビジョニングすることなく信頼できる最適なアプリケーションパフォーマンスを確保するために苦労しているため、構成の複雑さ、手動によるチューニング、過度のアラートにより、Kubernetesの取り組みが妨げられています。それが2019年7月にRed Sky Opsをリリースした理由です。

これは、アプリケーションのパフォーマンスを向上させ、インフラストラクチャのコストを削減し、DevOps、ネットワーキング、ITプロフェッショナルによる手動の最適化の必要性を排除する、Kubernetes環境でのアプリケーション管理用の最初のAIOpsソリューションです。 

Red Sky Opsにおける私たちの使命は、組織がKubernetesの真のパワーと多様性を解き放つことを支援することであり、今日の発表はこの機会を加速します。Red Sky Opsの無料のセルフサービスバージョンは、Kubernetesの効果を各段に実現しやすくし、より多くの組織が最適化されたアプリケーションパフォーマンスを自動化できるようにします。その結果として、より多くの技術者がより戦略的な取り組みを行うことができるようになります。

Red Sky Opsは、機械学習を使用して、アプリケーション環境を調査、複製、ストレステストし、最適な構成、スケジュール、リソース割り当てを事前に学習して展開します。これはKubernetesスケジューラーと連携して、サービス要件、ハードウェアまたはソフトウェアの使用に関するポリシーの制約、ワークロード固有の問題および期限を考慮し、すべてエンジニアリングの関与を最小限に抑えます。

Red Sky Opsセルフサービスエディションでは、我々のソリューションを活用し、最初のアプリケーションを100%、永久かつ無料で最適化できるようにします。これにより、組織は次のことができます。 

  • Kubernetesの複雑さの壁を打ち破る:これまで、Kubernetes環境での一貫した高いアプリケーションパフォーマンスと信頼性の管理と維持することは複雑で困難であることが証明されていました。

    第1世代のAIOps管理ツールは不正確すぎて自動化されていないため、多くの場合、大きなパフォーマンス向上の機会を得られず、多くのアラートも生成しました。Red Sky Opsは、Kubernetesとコンテナーの複雑さに対処するインテリジェントで自動化された方法を提供し、アプリケーションのパフォーマンスを向上させ、コストを削減し、DevOpsチームに対するおびただしいアラートを停止します。 

  • 自動最適化によるコストの削減と稼働時間の増加: Red Sky Opsは機械学習を使用して、複雑なKubernetesアプリケーション環境での主要なアプリケーションパフォーマンスの向上とコスト削減を推進します。

    すべての関連する要素を積極的に評価して、最適な展開の選択肢を決定し、それらを自動的に実装し、最高のパフォーマンスを維持できるように状況の変化に応じて臨機応変に再計算します。その結果、最低限のコストで可能な限り最高かつ最も信頼性の高いパフォーマンスが得られます。その際に、不必要なアラートが定常的に氾濫することはありません。 

Red Sky Opsの無料版にサインアップして、今すぐ最適化を始めてください。あなたのチームはすぐに以下にアクセスできます。

  • 本番環境における1つの最適化されたアプリケーション
  • コミュニティサポート
  • 実験ごとに最大2つのメトリック
  • 実験ごとに最大5つのパラメータ
  • 1か月あたり3つの実験

効果的なクラウドネイティブ戦略への道のりは長くて曲がりくねることがありますが、私たちはあなたが道の各ステップを支援するためにここにいます。まずは、ここをクリックしてRed Sky Opsを始める方法についての詳細を学んでください。私たちはKubeCon + CloudNativeConヨーロッパでは今週全員を心よりお待ちしております。


Optimization in containerized environments is now a free (and self-service) reality

I hope everyone is excited for a great week at KubeCon + CloudNativeCon Europe 2020. We hope you’ll stop by our virtual booth and say hello!


Today is an exciting day for the Carbon Relay team. This morning we announced a free and self-service edition of Red Sky Ops, our AIOps platform for automatically configuring and continuously optimizing containerized applications.


It’s no secret that Kubernetes has quickly become the container orchestration platform of choice for many organizations. But configuration complexity, manual tuning and excessive alerting impede Kubernetes initiatives as DevOps teams struggle to get off the ground and ensure reliable and optimal application performance without over-provisioning resources. That’s why we launched Red Sky Ops in July 2019, the first AIOps solution for application management in Kubernetes environments that enhances application performance, reduces infrastructure costs, and eliminates the need for manual optimization by DevOps, networking, and IT professionals.


Our mission with Red Sky Ops is to help organizations unlock the true power and versatility of Kubernetes, and today’s launch accelerates this opportunity. A free and self-service version of Red Sky Ops makes the promise of Kubernetes far more accessible, helps more organizations automate optimized application performance, and as a result, frees up more technologists for more strategic initiatives.


Red Sky Ops uses machine learning to study, replicate and stress-test application environments, and then proactively learn and deploy optimal configurations, schedules, and resource allocations. It works with the Kubernetes scheduler to take into account service requirements, policy constraints around hardware or software use, workload-specific issues and deadlines—all with minimal engineering involvement.

With our Red Sky Ops self-service edition, we’re putting the power of our solution in your hands, allowing you to optimize your first application 100% free-for-life. This allows your organization to:


● Break Through the Kubernetes Complexity Barrier: Until now, managing and maintaining consistent and high application performance and reliability in Kubernetes environments has proven to be complicated and difficult. First-generation AIOps management tools are too imprecise and not automated, often missing opportunities for big performance gains and generating too many alerts. Red Sky Ops provides an intelligent and automated way to address Kubernetes and container complexity, boosting application performance, reducing costs, and stopping alert floods for DevOps teams.
● Cut Costs and increase uptime with Automated Optimization: Red Sky Ops uses machine learning to drive major application performance gains and cost reductions in complex Kubernetes application environments. It proactively assesses all relevant factors to determine the best set of deployment choices and then automatically implement them, and recalculates on-the-fly to maintain top performance as conditions change. The result is the highest and most reliable performance possible at the lowest costs, all without the constant inundation of unnecessary alerts.


Start optimizing today by signing up for our free edition of Red Sky Ops. Your team immediately gains access to:


● 1 optimized application in production
● Community support
● Up to 2 metrics per Experiment
● Up to 5 parameters per Experiment
● 3 Experiments per month


The journey to an effective cloud-native strategy can be long and winding, but we’re here to help you each step of the way. Click here to learn more about how to get started with Red Sky Ops, and we look forward to seeing everyone this week at KubeCon + CloudNativeCon Europe.

https://www.carbonrelay.com/blog/optimization-in-containerized-environments-is-now-a-free-and-self-service-reality/