Red Hat Ansible Automation

Ansible

Red Hat Ansible Automation Platformは、組織全体で自動化を構築し、運用するためのプラットフォームです。このプラットフォームには、組織全体で自動化を実装するために必要なすべてのツールが含まれています。

Red Hat Ansible Automationの中には自動化エンジンとなるAnsible Engineと自動化をコントロールする機能を提供するAnsible Towerの2つのソフトウェアから構成されています。

■ Ansible Engine

Ansible Engine(以下:Ansible)は、自動化処理の実行エンジンとなります。Playbookと呼ばれる自動化を実行するための設計図を用して、Ansibleに処理を実施させます。AnsibleはこのPlaybookよりモジュールを起動してインベントリ(対象のノード)に登録されているノードに対して処理を実行します。

この時、モジュールは対象に対して最適な接続方法(SSH、WINRM、Netconf、APIなど)で実行するように組まれていますので、エージェントが不要となっています。

■ Ansible Tower

Ansible Towerは自動化プラットフォームを提供します。この中にはGUI管理画面や REST API、権限管理、履歴管理、拡張性・冗長性などを提供します。企業が自動化の仕組みを取り入れる上で必要とされる管理機能は全てAnsible Tower側で用意されています。

Ansible Towerの管理画面

Ansible Engineでは作業を自動的に処理するレベルの自動化が実現できるのに対して、Ansible Tower+Ansible EngineによるRed Hat Ansible Automationの構成で運用すればITインフラ管理業務全体を自動化することが可能になります。

具体的には、自動化された仕組みを利用者に対して提供するサービス化の実現や、ジョブテンプレートとワークフローの組み合わせによる、チームを横断したタスクの連続処理を実現する(DevOpsやDevNetOpsの実現)ことが可能です。