セミナー

企業の最重要課題DXをどう乗り越える?~テクノロジー編~

このセミナー・イベントをシェア:

Facebook Twitter LINE
企業の最重要課題DXをどう乗り越える?~テクノロジー編~

感染症対策に追われた企業に、休まることなく経済産業省が発表した「2025年の崖」はすぐそこまで来ています。
この崖に落ちないために、デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進が、企業の最重要課題として一層の注目を集めています。
本Webinarでは、そのDX推進のために必要なテクノロジーの一つでもあるコンテナ技術の、「Kubernetes」と「EDB Cloud Native PostgreSQL」にフォーカスしわかりやすく解説いたします。

概要

日時

2021年 12月 8日(水) 15:30〜17:00

主催サイオステクノロジー株式会社
参加費 無料
会場オンライン(Zoom)
登録https://zoom.us/webinar/register/WN_8Q0Tz8JcQhWx38piTvBvWg
アジェンダ

15:30-16:10【初めてでも分かるコンテナ技術「Kubernetes入門編」】
サイオステクノロジー株式会社 木下 龍佑
DX推進に必要なテクノロジーの一つでもあるコンテナ。
本セッションでは、そのコンテナ技術のオーケストレーションツールである「Kubernetes」に関して、初めての方はもちろん技術者の方にも通じる概要と利点を解説いたします。

 

16:10-16:50【OperatorでDBもコンテナ化「EDB Cloud Native PostgreSQL」】
サイオステクノロジー株式会社 村田 龍洋
DXを進める上でデータの活用は必要不可欠になります。特にコンテナプラットフォームの利用が注目される中、これまでのようにデータベースを設計してしまうと足かせになってしまう場合もあります。
本セッションでは、コンテナ上でのDB利用で注目されているKubernetes Operatorを活用したDBの新たな形をご紹介いたします。

 

16:50-17:00【Q&A】

※ スケジュールや内容に変更がある可能性がございます。あらかじめご了承ください。
※ 登録の際には勤務先メールアドレスの記載をお願いします。

対象DX関連業務に携わっている方、DBコンテナに興味のある方
定員100名(先着順)
注意事項

※ご参加には事前登録が必須となります。
https://zoom.us/webinar/register/WN_8Q0Tz8JcQhWx38piTvBvWg
※セミナー後、数問の回答アンケートにお答えいただく場合がございます。
※競合他社からのお申し込みはお断りさせていただきます。
※お申込後にご都合が悪くなった場合は、事前にキャンセルのご連絡をお願いいたします。
※今回のウェビナーでは「Zoom」を利用します。
・Zoomを利用できる環境を準備できる事が必須となります。
・通信が安定しているネットワーク環境(Wi-Fi等)での接続をお勧めいたします。

開催予定セミナー

【情報システム担当者必見!】情報漏えい対策と教育のポイント、業務プロセスに潜むリスクとは?

申込受付中 無料

【情報システム担当者必見!】情報漏えい対策と教育のポイント、業務プロセスに…

開催日時 2022.10.13 14:00〜15:30

業務改善の次なる一手は、社内アプリとGoogleスプレッドシート活用術

申込受付中 無料

業務改善の次なる一手は、社内アプリとGoogleスプレッドシート活用術

開催日時 2022.10.12 14:00〜15:00

出展イベント

【Networld X 2022】に出展いたします

申込受付中 無料

【Networld X 2022】に出展いたします

開催日時 2022.10.06〜2022.10.07

【EDB Postgres Vision Tokyo 2022】無料見逃し配信中~当社のアンケート回答で当社講演資料とホワイトペーパーのセットをプレゼント~

申込受付中 無料

【EDB Postgres Vision Tokyo 2022】無料見逃し配信中~当社のアンケート回答で…

開催日時

相談したい
DXの課題何ですか?

DXの知識、導入事例を知りたい DXの知識、導入事例を知りたい セミナーに参加する

DXに関連する情報についてご紹介しています。お気軽にセミナー・イベントやウェビナーにご参加ください。

何から手をつけていいか分からない 何から手をつけていいか分からない サービスソリューションをみる

お客様ごとに、DX関連の最適なサービスソリューションがあります。まずはこちらからご覧ください。

自社の具体的な導入を検討している 自社の具体的な導入を検討している 各種お問い合わせへ

「DXの話だけでも聞いてみたい」「資料が欲しい」「相談したい」など、お気軽にご相談ください。