Docker入門コース

トレーニング

コース詳細

コース名:Docker入門コース
概要:Dockerコンテナの一連の利用方法を習得できる
プロジェクト数:11
想定期間:1ヶ月
形式:自習教材
価格:要相談

プロジェクト前提想定
所要時間
(分)
Project-01
■単一のDokerコンテナを作成する。
60
Project-02
■Docker Composeと複数コンテナの配備。
60
Project-03■環境変数を使用して、アプリケーションと環境を切り離す。
60
Project-04■メール送信のローカルデバッグのTips。
■ メールを送信するアプリケーションは多いが、SMTPサーバをローカルで再現できることは意外と知られていない。Dockerを使うとSMTPサーバ付きの開発環境を容易に配布することができる。
60
Project-05■ アプリケーションのログを標準出力に書き出し、イベントストリームとして扱う。
60
Project-06■ 1つのコンテナで複数のプロセスを常時稼働させる方法。
■ 現実世界のアプリケーションの中には、責務に応じてコンテナを分割するより、1つに封入した方が管理上のメリットが大きい場合がある。
■ 例えばNginxとPHPによって構成されるアプリケーションを個々のコンテナに分割すると、スケールアウト・スケールインの際に経路探索を考慮する必要があり、コンテナの設定が必要以上に複雑になってしまう。小〜中規模のアプリケーションは1つのコンテナにまとめて収容した方がシンプルである。
■ しかし、Dockerは「1つのForegroundプロセスを監視し、動いていないと終了する」という仕様のため、複数プロセスを常時稼働する仕組みは自前で用意する必要がある。
60
Project-07■ Docker Imageの軽量化におけるAlpine Linuxとそのエコシステムの理解を深める。
Alpine Linux: Docker界隈でよく使われるBusyBoxとmuslをベースとした軽量Linux (イメージだけなら約6MB)
60
Project-08■ ボリュームマウントで変更を即時に反映する。
60
Project-09■ ボリュームマウントによってホスト・コンテナ間のソースコードを同期しながら、コンテナ内部の依存関係も維持する。
60
Project-10
■ Docker Hubサイトへの作成コンテナのアップロードとダウンロード
60
Project-11■ Linux ホストマシンにおいて、Volume マウントのパーミッション問題を解決することでコンテナを Rootless に運用する方法を知る。
60