サービスメッシュ

ビジネス

連載:第15回「DXを売る」DX営業 ”Pod”についての理解

Podについて営業レベルで理解を深めます 
ビジネス

連載:第14回「DXを売る」DX営業 ”Podmanを知っている?”

dockerの後継者?podmanについての基礎知識を学びます 
ビジネス

連載:第13回「DXを売る」DX営業 ”K8sの機能を理解する”!

K8sの機能について理解を深めます 
ビジネス

連載:第12回「DXを売る」DX営業 ”APIマネージメントとは?” を理解する!

DXにおけるAPI連携の重要性を営業レベルで説明します 
ビジネス

連載:第11回「DXを売る」DX営業 ”API連携とは何?” を理解する!

DXにおけるAPI連携の重要性を営業レベルで説明します 
ビジネス

連載:第10回「DXを売る」DX営業 ”サービスメッシュ” を説明できる?

サービスメッシュは、マイクロサービスアプリケーション間を繋げて、お互いの問題を影響させないようにしてくれるので通信の品質が上がる サービスメッシュは、品質や開発言語が異なる多種多様のマイクロサービスアプリケーションに影響しない、統一されたログ出力やトレーシング情報の出力をしてくれるので、問題があっても解決しやすくしてくれる サービスメッシュには、EnvoyやIstioが有名で、サイドカーとして配置。すでにRed Hat OpenShift4には同梱済なのでOpenShiftを使うと便利。 
シェアする